カイドラ English

海外ドラマで英語力アップ

リトル・チャロ シーズン1/エピソード44「Partners 人生のパートナー」

One day, Charo is passing by a small bookshop near Broadway and sees...

チャロがブロードウェイの近くで小さな書店の前を通りすぎるとー

Sirius!

シリウスだ!

Charo! Long time no see!

チャロ! 久しぶりだな!

Are you on a stakeout?

張り込みなの?

No, no. I work here as a...watchdog, so to speak.

いや違うよ ここで働いてるんだ…番犬つてところだな

Watchdog...?

番犬?

You know how I was sent away for re-training, right? Since then, I worked so hard to win back Catherine's trust. But sometimes, things just don't work out right. I blew it, every time I was given a chance. So here I am, nice and retired.

再訓練に出されたのは知つてるよね 私は必死に信用を取り戻そうとした でもどうしてもダメなときもあるのさ チヤンスのたびにヘマをやらかしてね それで引退つてことになつたんだ

Retired!

引退!

At that moment, a customer comes out, together with a woman.

そのときお客さんと女の人が出てきました

So thanks again, Catherine. Take care!

キャサリンいろいろありがとう またね

You, too!

どうも!

Saying so, Catherine goes back into the shop.

そう言ってキャサリンは店に戻っていきました

Did Catherine quit, too?

キャサリンも辞めたの?

Yes. Her parents decided to retire so Catherine took over their bookshop. She always wanted to. She loves books. I thought I would never see her again. But she took me in, the moment my retirement was announced.... You know...Catherine and I, we've been through a lot together. And I always thought that she loved me as a competent police dog ― nothing more, nothing less. I was wrong. I now know that she loves me just the way I am. I am her true partner and will always be.

両親が引退することにしたんでキャサリンが本屋を継いだのさ。長年の願いだったんだよ。本が大好きなもんでね。二度とキャサリンに会えないのかと思った。でも彼女は私の引退が決まるとすぐに引き取ってくれたんだ。キャサリンと私はいっしょにいろいろ乗り越えた。私は有能だから大切にされている。それだけのことだと思っていたんだ。でも違った。 彼女はあるがままの私を愛してくれていたんだ。私はキャサリンの真のパートナー。これからもずっとね。

That's...great.

すごいや

There's even more to it. The other day I was walking in the park with Catherine. I stopped by a small but beautiful flower and realized how much I had missed out on. Now with Catherine, I can appreciate even the smallest things in life.

まだあるんだ。キャサリンと公園を散歩していたら小さな花が咲いていて…そのとき気づいた。これまで多くのことを見落としていたといまキャサリンといっしょにいると、どんな小さなことも楽しめるんだ。

Sirius and Charo smile at each other.

シリウスとチャロはにっこりしました

I, uh...heard about Dread. I'm really sorry.

ドレッドのこと聞いたよ。残念だったな。

Yes.

うん

He once asked me to look after you, help you with your dream in case something happened to him. That dog...he cared about you.

以前彼から頼まれたんだ。自分に何かあつたらきみを助けてほしいって。いや、彼はほんと、きみのことを心配していたんだね

Dread...

ドレッドが…

And in order to keep my promise with him, I have been studying. Follow me.

ドレッドとの約束を守るために私も勉強していたんだよ。おいで

Sirius leads Charo into the bookshop and stops in front of a shelf.

シリウスはチャロを店に連れていき、ある書棚の前で立ち止まりました

See? All of these books are about Japan. Ahem! Japan is located in the Pacific Ocean, some 6,000 miles west of California. Recent popular dog types are dachshunds, chihuahuas, poodles...

いいかい ここにあるのはすべて日本についての本だ。日本は太平洋に位置し、カリフォルニアの西方約6,000マイル。最近人気の犬種はダックスフント、チワワプードル…

Sirius!

シリウス!

What?

え?

You've studied all this for me?

それ全部勉強したのぼくのために?

Sure! I mean, if I am to help you get back, I need to know about your country, don't I?

そうさ! きみの帰国を助けるならきみの国のことを知る必要があるだろ?

Yes! Thank you, Sirius!

うん! ありがとうシリウス!

Sirius's help may not be...well..."practical," but it was certainly out of good will. And that was enough to make Charo happy.

シリウスの応援は「実用的」ではないようですがーこちらを思ってくれていることは間違いありません。それだけでじゅうぶんチャロの気持ちは明るくなるのでした

コンテンツ - ジャンル別-

- 関連コンテンツ -