カイドラ English

海外ドラマで英語力アップ

リトル・チャロ シーズン1/エピソード48「The Decision タイムアップ」

Wednesday morning. Tomoko's manuscript is ready, but there's little time left!

水曜日の朝 トモコの原稿は準備万端。しかしもう時間がありません。

I need to hurry. See you guys later!

遅れる じゃ行ってきます。

Tomoko runs out of the apartment. However...

トモコはハタハタと部屋を出ていきました。ところがー

What was that?

なんだ?

Tomoko...?

トモコ?

Charo and Louis jump through the dog door... and see Tomoko downstairs holding her ankle.

チャロとルイが犬用ドアから飛びだすと、トモコが足首を押さえています。

Arf arf! Tomoko! Are you all right?

トモコ! だいじようぶ?

I think I sprained my ankle.... I...can't walk. Oh, no...l won't be there in time for Mr. Bernhardt....

足首をくじいたみたい。歩けない どうしよう。バーンハートさんとの約束に間に合わないよ。

Charo and Louis look at each other.

チャロとルイは顔を見合わせー

We'd better get Jane.

ジェーンを呼んでこよう

She's gone to work. It's too far. We won't make it by 12.

仕事に行っちゃったよ。12時には間に合わないよ

But there's no other choice.

でもほかに方法がないぞ

Okay. I'll go to the theater with the script. You go and get Jane.

ぼくが脚本を持つて劇場に行くから。ルイはジェーンを呼んできて

Gotcha!

ヨツシヤ!

Louis dashes out. Charo takes the envelope between his teeth.

ルイが飛びだしていきました。チャロは封筒をくわえます

Wha...you're going to bring it to Mr. Bernhardt!? Okay, I'll be counting on you. Thank you, Charo. Twelve o'clock. That's the time limit.

バーンハートさんのところへ持っていってくれるの!?わかった 頼りにしてるからね。ありがとうチャロ。12時よ締め切りは。

Twelve o'clock! That is when Shota's father is supposed to come to the hotel!

12時! それは翔太のお父さんがホテルに来るはずの時間でした

Charo, would you be able to give up your only ticket to happiness for a friend?

チャロたった一枚のチケットを友だちの幸せのためにあきらめられる?

Charo, if you ever have to make a big decision, and can't make up your mind, ask yourself: What is it that you really want? Follow your heart and it will lead you to the right answer.

大事な決断ができないときは自分自身の心に問いかけてみるの。ほんとうに望んでいるものはなんなのか。自分の正直な気持ちにしたがいなさい。そうしたら正しい答えに行き着くわ

Charo no longer has any doubts.

もはやチャロに迷いはありません

Okay. I will run for Tomoko's dream. I will!

ぼく トモコの夢のために走るよ。l will!

Charo dashes out and runs to Broadway as fast as he can. However, when he gets there... so many people!

ブロードウェイ目指して飛びだすチャロ。全速力で走ります。ところがブロードウェイに行き着くと、そこは人・人・人!

Oh, no....

どうしよう…

He then hears a familiar voice.

そのとき聞き覚えのある声がしました

Charo! What are you doing here?

チャロ! ここで何してるんだ?

Sirius! I have to bring this script to the theater by 12, but...

シリウス! この脚本を12時までに劇場に届けなくちやいけないんだけど…

Which theater?

どこの劇場だ?

Where the premiere is being held for The Red Star.

「赤い星」のプレミアをやつてる所

Got it. Hop on my back.

わかった 私の背中に乗りなさい

What?

え?

I promised Dread. Now is the time to help you.

ドレッドと約束した。今がきみを助けるときだ

Sirius throws Charo onto his back and dashes into the street.

シリウスはチャロを背中の上にひょいと放り上げると通りの中へまっしぐら

Ah! Look, Mommy! That dog!

ママ見て! あの犬!

Hold on tight, Charo. Arf!

しっかりつかまってろ!

The next moment, Sirius and Charo are soaring higher and higher... and land right in front of the theater!

次の瞬間シリウスとチャロは高く宙に舞い上がりました! 着地した先は劇場の真ん前です!

Sirius...

シリウス…

Don't thank me. Thank Dread.

礼を言うなら私じゃないトレッドに言ってくれ

At that moment, the clock strikes 12.

そのとき時計が12時の鐘を打ちました

I'm sorry, Shota. But you'll understand, won't you? It was for Tomoko. I really wanted to make her dream come true....

ごめんね翔太。でもわかってくれるよね。トモコのためだったんだ。ぼくほんとうにトモコの夢をかなえてあげたかったんだ

コンテンツ - ジャンル別-

- 関連コンテンツ -