カイドラ English

海外ドラマで英語力アップ

フレンズ シーズン1/エピソード1「Where it all began マンハッタンの6人」 セクション4

Rachel: Isn’t this amazing? I mean I never made coffee before in my entire life.

凄くない?私初めて自分でコーヒーを入れたのよ。

Chandler: That is amazing.

それは確かに凄いな。

Joey: Congratulations. While you are on roll, if you feel like you gotta make like a Western omelet or something. Although, actually I’m really not that hungry.

おめでとうさん。今波に乗ってる間に、洋風オムレットとかだって作れるんじゃないか?まぁ、今はそんなにお腹空いてないからいいけど。

Monica: Good morning.

おはよう。

Everyone: Good morning.

おはよう

Paul: Morning.

おはようございます。

Joey: Morning, Paul.

おはよう、ポール。

Rachel: Hello, Paul.

あら、ポール。

Chandler: Hi, Paul, is it?

やぁ、「ポール」だったっけ?

Monica: I had a really great time last night.

昨夜はとても楽しかったわ。

Paul: Thank you. Thank you so much.

ありがとう、本当に感謝してるよ。

Monica: We’ll talk later.

じゃあ、また話そうね。

Paul: Thank you.

ありがとう。

Joey: That wasn’t a real date. What the hell do you do on a real date?

今回は本当のデートじゃなかったんだろ?本当のデートなら、一体何をする気なんだ?

Monica: Shut up and put my table back.

黙って、机を元に戻してなさい。

Chandler: Alright, kids. I am gonna get to work. If I don’t input those numbers, it doesn’t make much difference.

じゃあな、お子さんたち。俺は仕事に行って来るよ。俺があの数字を打ち込まないと、、、、特に何も変わらないけどな。

Rachel: So like, you guys all have jobs?

で、皆「仕事」ってやつあるんだ?

Monica: Yeah, we all have jobs. See? That’s how we buy stuff.

そう、私たち皆、仕事があるわよ。分かる?だからくだらないものを買えるのよ。

Joey: Yeah, I’m an actor.

そうそう。俺は役者なんだ。

Rachel: Wow. Would I’ve seen you in anything?

おぉ。私、何か見たことあるかな?

Joey: Oh I doubt it. Mostly Regional work.

それは疑問だね。殆ど地域的なものばかりだから。

Monica: Oh yeah! Unless you happen to catch the Wee One’s production of Pinocchio.

あ!もしかしたら、あのちっちゃい会社の「ピノキオ」なら見たことあるんじゃない?

Chandler: “Look, Geppeto. I am a real live boy. ”

「見てよ、ゼペットじいさん。僕、本当の人間になれたんだ」

Joey: I will not take this abuse.

俺は、そんな虐待には付き合わないぜ。

Chandler: Yeah, alright. I’m sorry. Once I was a wooden boy. A little wooden boy.

そうか、分かったよ。悪かった。「昔、僕は木で出来た少年だったんだ」

Monica: So how are you doing today? You sleep okay? Did you talk to Barry? I can’t stop smiling.

で、今日の調子はどう?よく寝れた?バリーとは話したの?私、笑いが止まらないんだけど。

Rachel: I can see that. You look like you slept with a hanger in your mouth.

見てて分かるわよ。ハンガーを口に入れて寝たみたいに見えるわ。

Monica: I know. I know. He’s just so… Do you remember you and Tony De Marco?

本当。その通りよ。ポールは、そうね…トニー・デ・マルコのこと覚えてる?

Rachel: Oh yeah.

うん。

Monica: Well, it’s like that. With feelings.

まるであの時みたいなの。それに(「好き」っていう)感情を足した感じ。

Rachel: Oh wow. Are you in trouble!

あ~、それは大変ね。

Monica: Okay. Okay. I’m going to get up, go to work, and not think about him all day. Or else I’m just going to get up and go to work.

よ~し、じゃあ、目を覚まして仕事に行って、ポールのこと一日中考えないようにしようっと。それか、ただ目を覚まして仕事に行くだけ行こう。

Rachel: Oh, wish me luck!

あ!私の幸運を祈ってて!

Monica: What for?

何のこと?

Rachel: I’m gonna go get one of those job things.

「仕事」ってやつを探しに行くつもりなの。

Franny: Hey Monica.

こんにちは、モニカ。

Monica: Hey, Franny. Welcome back. How was Florida?

あら、フラニー。おかえり。フロリダはどうだった?

Franny: You had sex. Didn’t you?

セックスしたでしょ?

Monica: How do you do that?

なんで分かるのよ?

Franny: So who?

で、誰と?

Monica: You know Paul?

ポール、知ってるでしょ?

Franny: Paul, the wine guy? Oh yeah, I know Paul.

ソムリエのポール?あぁ、あいつなら知ってるわ。

Monica: You mean, you know Paul like I know Paul?

私と同じくらいポールのこと知ってるってこと?

Franny: Are you kidding? I take credit for Paul. You know, before me, there was no snap in his turtle for two years.

冗談のつもり?私、ポールには貸しがあるのよ。私とヤる前は、ポールのアレ2年間機能しなかったのよ。

Joey: Of course it was a line.

口説き文句に決まってるだろ。

Monica: Why? Why would anybody do something like that?

何で?何でそんなことする必要があるのよ?

Ross: I assume we’re looking for an answer more sophisticated than “to get you into bed”.

もっと上品な答え方を探すところだけど…「お前をベッドに連れ込むため」だよ。

Monica: Is it me? Is it like I have some sort of beacon that only dogs and men with some emotional problems can hear?

私のせいなの?私が、どんな女とでも寝るようなバカ男や精神的におかしい男を引き寄せてしまう信号みたいなものを出してるの?

Phoebe: Alright. Come here. Give me your feet.

分かった、分かった。こっちに来て。足を出して。

Monica: I just thought he was nice, you know?

ただポールが素敵な人だと思っただけなのよ。分かってくれる?

Joey: I can’t believe you didn’t know it was a line.

それにしても、口説き文句だと分からなかったなんて、信じられないよ。

Monica: Oh!

もう!

Rachel: Guess what?

聞いてよ!

Ross: You got a job?

仕事見つけたの?

Rachel: Are you kidding? I’m trained for nothing. I was laughed out of 12 interviews.

何言ってるのよ?私、何のトレーニングも受けたことないのよ。12回面接で笑い飛ばされたわ。

Chandler: And yet, you’re surprisingly upbeat.

それにしちゃ、ご機嫌だな。

Rachel: Oh well, you would be too if you found Joan and David boots on sale, 50% off.

あなただってご機嫌になるわ。半額セールでジョーン&ディヴィッドのブーツを見つけたらね。

Chandler: Oh how well you know me.

俺のことよく分かってるなぁ。

Rachel: They are my new “I don’t need a job. I don’t need my parents. And I’ve got great boots” boots.

これが私の新しい「仕事も両親も要らない、だって素敵なブーツがあるから」ブーツよ。

Monica: How did you pay for them?

それ、どうやって払ったの?

Rachel: Credit Card.

クレジットよ。

Monica: And who pays for that?

で、そのカード誰が払うの?

Rachel: Um… my father.

あ、、、父さん。

コンテンツ - ジャンル別-

- 関連コンテンツ -