カイドラ English

海外ドラマで英語力アップ

フレンズ シーズン1/エピソード2「The One with the sonogram at the end ロスの大事件」 セクション4

Joey: Your folks are really that bad, huh?

お前の両親そこまでひどいのか?

Ross: Well, you know these people are pros. They know what they are doing. They take their time. They get the job done.

えっと、あいつらはプロだからな。自分が何をしてるのか分かってる。時間をかけながら確実に自分達の仕事をするんだ。

Monica: Boy, I know they say that you can’t change your parents. Boy, if you could, I’d want yours.

もう、両親は選べないって言うけど、あ~もし出来るならあんたの親が欲しいわ。

Ross: Must pee.

ちょっと小便。

Phoebe: You know, if it’s worse when you’re twins.

分かるでしょうけど、双子ならもっと酷いわよ。

Rachel: You are a twin?

あんた双子なの?

Phoebe: Yeah. We don’t speak. She’s like this high powered, driven, career type.

うん、話はしないけどね。あいつはパワーがあって、野心的なキャリアタイプだから。

Chandler: What does she do?

仕事何してるの?

Phoebe: She’s a waitress.

ウェイトレスよ。

Rachel: Alright. You guys, I kind of gotta clean up now.

ねぇ、みんな、もう片付けるわよ。

Monica: Chandler, you’re an only child, right? You don’t have any of this?

チャンドラーは、一人っ子でしょ?こういう問題は無かった?

Chandler: Well, no, although I did have an imaginary friend who my parents actually preferred.

えっと、無いな。でも空想の中の友達がいて、親がそいつのこと好きだったな。

Rachel: Hit the lights, please?

電気消して、お願い。

Ross: How long was I in there?

俺、どんくらいあの中にいたんだ?

Rachel: I’m just cleaning up.

ただ片付けてるだけよ。

Ross: Oh, you um, do you need any help?

あの、何か手伝おうか?

Rachel: Um, okay sure. Thanks.

えっと、うん、分かった。ありがと。

Ross: Anyway, so you are nervous about Barry tomorrow?

で、明日はバリーのことで緊張してる?

Rachel: Ah, a little. A lot. So, got any advice? You know, as someone who’s recently been dumped?

うん、少しね。いや、かなり。何かアドバイスはある?分かる、最近捨てられた男として?

Ross: Well. You may wanna steer clear of the word “dumped”. Chances are he’s gonna to be this, this broken shell of a man. You know? So you should try not to look too terrific. I know it’ll be hard. Or, you know, I can um, hey, I’ll go down there, and I’ll give Barry back his ring. And you can go with Carol and Susan to the OB-GYN.

あの、その「捨てられた」っての止めた方が良いよ?もしかしたらバリーもこんな、こんなボロボロになってるかも知れないし。分かる?だから、あまり元気そうにしないでさ。難しいけどね。あ~、俺が代わりに行っても良いよ、でバリーに指輪返してさ。で、レイチェルはキャロルとスーザンとで産婦人科に行ってくれよ。

Rachel: You’ve got Carol tomorrow. Uh, why did it get so complicated?

あなたは明日キャロルとなのね。あ~なんでこんなに複雑なっちゃったのかしら?

Ross: You got me.

同感だ。

Rachel: remember when we were in high school together?

高校で一緒だった時のこと覚えてる?

Ross: Yeah.

あぁ。

Rachel: I mean, didn’t you think you were just gonna meet someone, fall in love, and that’d be it? Ross?

だって、あの頃はただ誰かに会って、好きになって、それだけだと思ってたでしょ。ロス?

Ross: Yes, yes. Yeah.

あぁ、うん、そうだね。

Rachel: Oh. I never thought I’d be here.

あ~、こんなことになるなんて思ってもなかったわ。

Ross: Me neither.

俺もだよ。

Ross: Hi, I’m sorry I’m late. I got stuck at work. There was this big dinosaur thing. Anyway.

あ~、ゴメン、遅れて。恐竜のことで問題があって、とにかく。

Susan: Hi.

こんにちは。

Carol: Ross, you remember Susan?

ロス、スーザンよ、覚えてる?

Ross: How could I forget?

忘れられないよ。

Susan: Ross.

ロス。

Ross: Hello, Susan. Good shake, good shake. So ah, we’re just waiting for….?

やぁ、スーザン。良い握手だ、良い握手だ。で、何を待ってるの?

Carol: Dr. Oberman.

オバーマン先生よ。

Ross: Dr. Oberman. And is he….?

オバーマン先生ね、で彼は…

Susan: She!

女よ。

Ross: She. Of course, “she”. Is she familiar with our special situation?

女ね、そうだよな。じゃ彼女はこの特別な状況を理解してくれてる?

Carol: Yes, she’s very supportive.

うん、とても助けになってくれてるわ。

Ross: Great. Okay, that’s great! No, I’m…oh.

やったな、それは良かった。いや、俺…その。

Carol: Thanks. Ross.

ありがと、ロス。

Ross: Quack, quack.

グワッグワッ

Carol: That opens my cervix.

それで私の性器を開けるんだけど。

Rachel: Barry?

バリー?

Barry: Come on in.

入って。

Rachel: Are you sure?

良いの?

Barry: Yeah. It’s fine. It’s fine. Robbie’s gonna be here for hours.

あぁ、大丈夫だ。良いよ。ロビー君はここに数時間はいるから。

Robbie: Huh?

えぇ~?

Barry: So, how are you doing?

で、元気かい?

Rachel: I’m…I’m okay. You look great.

私、私は元気よ。あなたは活き活きしてるわね。

Barry: Yeah, well.

あ~、そうか。

Nurse: Dr. Farber, Jason Greenspan’s gagging.

ファーバー先生、ジェイソン・グリーンスパンさんがむせてます。

Barry: I’ll be right there. I’ll be back in a second.

すぐ行くよ、ちょっと待ってて。

Rachel: I dumped him.

私があいつフッたのよ。

Robbie: Okay.

あ、そう。

Carol: Oh!

あ~!

Ross: So, um… So how’s this uh, how’s this gonna work, you know, with us? You know, when important decisions have to be made?

で、あの…どう、その、どうやってやっていくつもり?俺たちのこと。分かる?重要な決断の時とかさ。

Carol: Give me a for instance.

例えば何?

Ross: Well, I don’t know. I…. okay, okay! How about with the baby’s name?

えっと、そうだな…あ、そうだ!例えば赤ちゃんの名前とかさ。

Carol and Susan: Marlon.

マーロン、よ。

Ross: Marlon?

マーロン?

Carol: if it’s a boy. Minnie, if it’s a girl.

男の子ならね。女の子ならミニー。

Ross: As in “Mouse”?

「マウス」の?

Carol: As in my grandmother.

私のお婆ちゃんの名前なんだけど。

Ross: Still, you say “Minnie”. You hear “Mouse”. You know? Um, how about um…. How about Julia?

でも「ミニー」って聞いたら「マウス」だろ。そうだな、えっと…ジュリアとかどうだい?

Carol: Julia.

ジュリアか。

Susan: We agreed on Minnie.

ミニーで約束したじゃない。

Ross: Sorry, um, we agreed we’d spend our rest of our lives together. Things change. Roll with the punches. I believe Julie’s on the table?

悪いけど、えっと、今後の人生ずっと一緒にやって行くって決めただろ。事態は変わるんだよ。柔軟な対応で、ジュリアって名前も考えてくれるだろ?

コンテンツ - ジャンル別-

- 関連コンテンツ -