カイドラ English

海外ドラマで英語力アップ

フレンズ シーズン1/エピソード2「The One with the sonogram at the end ロスの大事件」 セクション5

Barry: Ah. sorry about that. So, what have you been up to?

悪かったね、で、最近どうしてるの?

Rachel: Oh, not much. I got a job.

あ~、特にないわよ。仕事は出来たけど。

Barry: That’s great.

良かったな。

Rachel: Why? What are you so tan?

なんで、そんなに日焼けしてるの?

Barry: Oh, I….I went to Aruba.

あ~、俺アルバ島行ったから。

Rachel: Oh no. You went on our honeymoon alone?

あら、やだ。一人で新婚旅行に行ったの?

Barry: No. See, I went with uh… Now this may hurt.

いや…その、俺…もしかしたら痛いかもだけど。

Robbie: Me?

僕?

Barry: No. I went with Mindy.

違う。ミンディと行ったんだ。

Rachel: Mindy? My maid of honor, Mindy?

ミンディ?私の花嫁付き添い役ののミンディ?

Barry: Yeah, we’re kind of a thing now.

あぁ、俺たちちょっとしたアレなんだ、今。

Rachel: Oh. Well, I mean… You got plugs?

あら、えっと、それって…あんたカツラ着けたの?

Barry: Okay, careful, careful. They haven’t quite taken yet.

分かった、注意してくれ。まだちゃんとくっついてないんだ。

Rachel: And you got lenses. But you hate sticking your finger in your eye.

レンズも…でも指を目に入れるの嫌がってたのに。

Barry: Not for her. Listen, I really wanted to thank you.

アイツのためさ。聞いて、俺、君には本当に感謝してるんだ。

Rachel: Okay.

あらそう。

Barry: See, about a month ago, I wanted to hurt you more than I’ve ever wanted to hurt anyone in my life. And I’m an orthodontist.

1ヶ月前はさ、人生で一番君の事を傷つけたいと思ってたんだ。俺は歯科医だってのに。

Rachel: Wow.

うわ~。

Barry: You know you were right? I thought we were happy. We were not happy. But with Mindy, now I’m happy. Spit.

君が正しいこともある、俺たち幸せだと錯覚してたんだ。そうじゃなかったんだよ。でも、ミンディとなら、幸せだ。吐いて。

Rachel: What?

はぁ?

Robbie: Me.

僕だよ。

Rachel: Anway, I guess uh, I guess this belongs to you. And thank you for giving it to me.

とにかく、これは、えっと、これはあなたのものだと思って。私にくれてありがとう。

Barry: Well, thank you for giving it back.

あ~、返しに来てくれてありがとう。

Robbie: Hello?

ねぇ!

Susan: Oh, please? What’s wrong with Helen?

ねぇ、もう。ヘレンの何が悪いのよ?

Ross: Helen Geller? I don’t think so.

ヘレン・ゲラーだぞ?ダメだよ。

Carol: It’s not gonna be Helen Geller.

ヘレン・ゲラーにはならないわ。

Ross: Thank you.

ありがとう。

Carol: No. I mean it’s not Geller.

違うわよ、私が言いたいのはゲラーじゃないってこと。

Ross: What? Wait, it’s gonna be Helen Willick?

はぁ?待てよ、ヘレン・ウィリックってこと?

Carol: No. Actually, we talked about Helen Willick Bunch.

いいえ、話してたのはヘレン・ウィリック・バンチよ。

Ross: Well, wait a minute. Why is she in the title?

えっと、ちょっと待てよ、なんでこいつの名前が入るんだよ?

Susan: Because it’s my baby, too.

だって私の子でもあるんだから。

Ross: Oh. Really? Uh, I don’t remember you making any sperm.

あ、本当かよ?あの、お前が精子を作れるなんて知らなかったな。

Susan: And we all know what a challenge that is.

それがどんなに挑戦的なことか、誰でも分かるわよ

Carol: Alright. You two, just stop it.

分かった、もう二人とも止めましょ。

Ross: No, no, no ! She gets a credit. Hey, I’m in there too!

いやいやいや!こいつの名前が入るなら、おい、俺の名前だってそうだ!

Carol: Ross. You’re not actually suggesting Helen Willick Bunch Geller. I think that borders on child abuse.

ロス、あんたまさかヘレン・ウィリック・バンチ・ゲラーって提案するつもり?それって児童虐待の境目だと思うわ。

Ross: Of course not! I’m suggesting Geller Willick Bunch.

違うよ!ゲラー・ウィリック・バンチだよ。

Susan: Oh no, no, no! You see what he’s doing. He knows no one is gonna say all those names. He knows they’ll end up calling her Geller. Then he gets his way.

あら、待って待って待って!この人が何をしようしてるか分かったわ。誰も名前全部言わないから、最終的にはゲラーって呼ぶようになるってことよ。それが彼のやり方なのよ。

Ross: My way? You think this is my way? Believe me. Of all the ways I ever imagined this moment in my life being, this is not my way. You know what? This is too hard. I’m not. I can’t handle it.

俺のやり方だって?これが俺の?信じてくれ、俺の人生でこの時間を考えたら、これは俺のやり方なんかじゃない。もう良いよ。これは難し過ぎるよ。俺には無理だ、やってられない。

Nurse: Knock, knock! How are we today? Any nausea?

ノック、ノック!今日の調子はどう?吐き気はありますか?

Ross: A little.

うん、少し。

Carol: Just a little.

ほんの、少しね。

Nurse: Well, I was just wondering about the mother-to-be, but thanks for sharing. Lie back.

あら、私は妊婦さんだけど心配してたんだけど、分かち合って下さって助かるわ。体倒して下さい。

Ross: Oh, you know what? I’m gonna go. I don’t think I can be involved in this particular family thing. Oh my God!

あの、悪いけど、俺もう行くよ。この家族ってのにはもう関わってられない。おい、それって!

Susan: Look at that.

見てよ。

Carol: I know.

分かってるわ。

Ross: Well, isn’t that amazing?

なぁ、凄いだろ?

Joey: What are we supposed to be seeing here?

俺たち今何を見てるんだ?

Chandler: I don’t know, but I think it’s about to attack the Enterprise.

知るかよ、でもエンタープライズに攻撃しかけるところじゃないのか?

Phoebe: You know, if you tilt your head to the left and relax your eyes, it kind of looks like an old potato.

ねぇ、頭を左に傾けて目をボーっとさせたら、腐ったじゃがいもみたいよ。

Ross: Then, don’t do that, alright?

じゃあ、それは止めろ。な?

Phoebe: Okay.

はい。

Ross: Monica. What do you think? Are you welling up?

モニカ、どう思う?泣いてるのか?

Monica: No.

違うわ。

Ross: You are. You are. You are welling up.

おい、泣いてるじゃないか。

Monica: I’m not.

泣いてないって。

Ross: You’re gonna be an aunt.

お前おばさんになるんだぞ。

Monica: Oh, shut up!

うるさいな!

Rachel: Hi, Mindy. Hi, it’s Rachel. Yeah, I’m fine. I, I saw Barry today. Oh, yeah, Yeah, He told me. No, it’s okay. Really, it’s okay. I hope you two are very happy. I really do. And, oh and Min, you know, if everything works out, and you guys end up getting married and having kids and everything. I just hope they have his old hairline and your old nose. Okay. That was a cheap shot. But it’s so much better now!

ねぇ、ミンディ。レイチェルだけど、うん元気よ。私、バリーとあったの今日。うん、そう。あいつが教えてくれた。いいえ、良いわよ。本当に大丈夫。あんた達2人が幸せだったらね。本当よ。あ、それとミンディ、もし全部上手く行って、あんた達が結婚して子供生まれるとするじゃない。そしたら子供は、あいつの後退した生え際と、あんたの古臭い鼻持ちよ!あ~、大したこと言ってないけど、スッキリしたわ!

コンテンツ - ジャンル別-

- 関連コンテンツ -