カイドラ English

海外ドラマで英語力アップ

フレンズ シーズン1/エピソード3「The One with the thumb モニカの彼はみんなのもの?」 セクション2

Chandler: “So, how does it feel knowing you’re about to die?”

それで、もうすぐ死ぬって分かってるってのはどんな気分だ?

Joey: “Warden, in five minutes my pain will be over. But you’ll have to live with the knowledge that you sent an honest man to die.

ウォーデン、あと5分もしたらこの痛みも終わる。でも、お前は無実の人間を殺したという事実を背負って生きていくんだ。

Chandler: Hey, that was really good.

おい、今のマジで良かったよ。

Joey: yeah? Thanks. Let’s keep doing.

そうか?ありがと。続けようぜ。

Chandler: “So, what do you want for me, Dimon? huh?”

じゃあ、何かし残したことはあるか、ダイモン?なぁ?

Joey: I just wanna go back to my cell, because in my cell I can smoke.”

自分の部屋に戻ってよ、一服したいぜ。

Chandler: “Smoke away!” I think this is probably why Dimon smokes in his cell alone.

じゃあ、吸えよ。多分そんなんだからダイモンは自分の部屋で一人で吸いたかったんだろうな。

Joey: What?

何だよ?

Chandler: Relax your hand. Let your wrist go. Not so much.

手をリラックスして、手首の力を抜いてさ、でもやり過ぎるなよ。

Joey: Oh.

お~。

Both: Hey.

おっと。

Chandler: Alright. Now try taking a puff. Right. Okay, no. Give it to me.

よし、じゃあ一息入れるとするか、おい、なぁ貸せよ。

Joey: No, no, no. I’m not giving you a cigarette.

いやいやいや、お前に煙草は渡さない。

Chandler: It’s fine. Look. Do you want to get this part or not? Here. Alright. Now, don’t think of it as a cigarette. Think of it as the thing that has been missing from your hand. When you’re holding it, you feel right. You feel complete.

大丈夫だって、なぁ。この役欲しくないのか?いいから、よし。じゃあこれを煙草と思わないことだ。自分の手に不足しているものって考えるんだよ。これを持つと満たされる、完全体って感じ。

Joey: You miss it?

吸いたかったんだろ?

Chandler: No, not so much. Alright. Now we smoke. Oh, my God.

いや、別に。よし、じゃあ吸ってみるぞ。あ~最高。

Monica: No, nononono. They say it’s the same as the distance from the tip of a guy’s thumb to tip of his index finger.

違う違う違う違う。一般的には親指の先から人差し指の先までの長さと、同じなんだって。

Joey: That’s ridiculous.

そんなはずないよ。

Ross: Can I use either thumb?

親指はどちらの使っても良いの?

Rachel: Alright. Don’t tell me, don’t tell me. Decaf cappuccino for Joey. Coffee, black. Latte. And an iced tea. I’m getting pretty good at this.

分かった、言わないで、言わないで。カフェイン抜きカプチーノがジョーイ、ブラックでしょ、ラテに、アイスティー。私マシになってきてるでしょ。

Everyone: Excellent.

素晴らしい。

Rachel: Good for me.

やったね。

Joey: You okay, Phoebe?

大丈夫か、フィービー?

Phoebe: Yeah, no. I’m just… It’s not even worth…. It’s my bank.

あの、いや、私ただ…そういう訳じゃ…私の銀行なの。

Monica: What did they do to you?

何されたのよ?

Phoebe: It’s not, it’s just….okay. I’m going through my mail, and I open up their monthly “statement”.

ただ、その、分かった。届いた手紙を開けてて、月イチの「お知らせ」ってやつが来てたの。

Ross: Easy.

落ち着けって。

Phoebe: And, there’s five hundred extra dollars in my account.

そしたら私の口座にね500ドル余分に入ってたのよ。

Chandler: Oh, satan’s minions at work again!

うぉ、悪魔の使いめなんてことしやがる!

Phoebe: Yes! Now I have to go down there and deal with them and…

その通りよ!だから銀行に行って話ししないといけなくっちゃったのよ。

Joey: What are you talking about? Keep it.

何言ってんだよ?もらっとけよ。

Phoebe: It’s not mine. I didn’t earn it. If I kept it, it would be like stealing.

私のじゃないもん。稼いだお金じゃ無い。もし持っといたら盗んだみたいでしょ。

Rachel: Yeah, but if you spent it, it would be like shopping.

あ~、でももし使ったらお買い物みたいじゃない。

Phoebe: Okay, okay. Let’s say I bought a really great pair of shoes. Do you know what I’d hear with every step I took? Not mine. Not mine. Not mine. And even if I was happy okay? and skipping, I’d hear not not mine. Not not mine. Not not mine.

分かった、分かったわ。じゃあ良い靴を買うとするじゃない。歩くたびに何が聞こえてくると思う?「私のじゃない、私のじゃない、私のじゃない」よ。さらにもし幸せな気分でスキップでもしたら「私のじゃないない、私のじゃないない、私のじゃないない…」よ。

Monica: We’re with you. We got it.

言ってることは分かったから。

Phoebe: Okay. I’d just, I’d never be able to enjoy it. It’d be like this giant karmic debt.

だからね、私、絶対楽しめないと思うの。何か見返りが返ってきそうで。

Monica: Ah… Chandler, what are you doing? Hey. What are you doing?

ねぇ、チャンドラー。あんた何やってるのよ?おい、何してんの?

Everyone: Oh, gross!

うわ、最悪!

Ross: What is this?

何だよこれ?

Chandler: I’m smoking, I’m smoking, I’m smoking.

煙草吸ってるんだよ。

Phoebe: Oh, I can’t believe it. You’ve been so good for three years.

ねぇ、信じられないわ。3年間も上手く行ってたのに。

Chandler: And this is my reward.

だからこれがそのご褒美!

Ross: Hold on, for a second, alright? Just think about what you went through the last time you quit.

ちょっと待てよ、な?考えてみろ、前に止めようとした時のこと。

Chandler: Okay. So this time, I won’t quit.

あぁ、だから今回はもう止めない。

Everyone: No!

ダメ!

Chandler: Alright. I’m putting it out. I’m putting it out!

分かった、消すから。消すって。

Phoebe: Oh no! I can’t drink this now.

あら、やだ!飲めなくなっちゃったじゃない。

Monica: Alright. I’m gonna go change. I’ve got a date.

よし、じゃあ着替えてくるわ。デートあるし。

Rachel: With Alan again? How’s it going?

またアランと?どうなの調子は?

Monica: It’s going pretty good you know? It’s nice and we’re having fun.

上手く行ってるわよ、ね?幸せで楽しいし。

Joey: So, when do we get to meet the guy?

それで、いつ俺たちはそいつに会えるんだ?

Ross: Yeah.

そうだ。

Monica: Let’s see, today’s Monday…. Never.

そうね、今日が月曜日だから…一生会わせない。

Chandler: Oh my!

はぁ?

Everyone: Come on!

何だよ!

Monica: No, no! Not after what happened with Steve.

嫌よ絶対!スティーブのことがあったからにはね。

Chandler: What are you talking about? We love Steve. Steve was sexy! Sorry.

何のことだよ?スティーブ大好き!スティーブはセクシー!すまん。

Monica: Look. I don’t even know how I feel about him. Just give me chance to figure that out.

ねぇ、まだ自分の気持ちが分かってないから、それまでちょっと待ってよ。

Rachel: Then can we meet him?

その後は紹介してくれるってこと?

Monica: No. Sorry.

しないわ。ゴメンね。

コンテンツ - ジャンル別-

- 関連コンテンツ -