カイドラ English

海外ドラマで英語力アップ

フレンズ シーズン1/エピソード3「The One with the thumb モニカの彼はみんなのもの?」 セクション3

Monica: Why should I let them meet him? I mean, I bring a guy home and within been five minutes, they’re all over him I mean, they’re like coyotes picking off the weak members of the herd.

どうして会わせないといけないのよ?だって男連れてきたらさ5分もしないうちに寄ってたかってさ。だってあいつら群れの弱い物いじめするコヨーテみたいなのよ。

Collegue: Listen. As someone who’s seen more than her share of bad beef, I’ll tell you, that is not such a terrible thing. Come on! Now, your friends are just looking out after you.

聞きなよ、もっと修羅場をくぐってきた一人として言うけど、そんな悪いものじゃ無いわよ。だってね、あなたのこと心配してるだけじゃない。

Monica: I wish that once I’d bring a guy home the actually liked.

誰か一度あいつらが気に入る相手を連れて行けたらね。

Collegue: Well, you do realize the odds of that happening are a little slimmer if they never get to meet the guy.

分かってると思うけど、紹介もしなかったらそうなる可能性が小さくなるのは分かってるわよね?

Joey: Let it go, Ross.

もう良いだろ、ロス。

Ross: Yeah, you didn’t know Chi-chi.

だって、お前はチチのこと知らないんだよ。

Monica: Do you all promise?

みんな約束してよ?

Ross: Yeah, we promise. We’ll be good.

あぁ、するよ。上手くやるから。

Monica: Chandler, do you promise to be good?

チャンドラーも、約束よ?

Joey: You can come in, but your filter tip little buddy has to stay outside.

お前は入って良いけど、でもフィルターの先の小人君は出入り禁止だからな。

Ross: Hey, pheebs.

お、フィービー。

Phoebe: “Dear Ms. Buffay: Thank you for calling attention to our error. We have credited your account five hundred dollars. We’re sorry for the inconvenience and hope you’ll accept this football phone as our free gift”. Do you believe this? Now I have thousand dollars and a football phone.

「バッフェイ様:私達の間違いをご指摘いただきありがとうございます。お詫びの印ににお口座に500ドルをお送りいたします。この度の不手際誠に申し訳ございません。同梱のフットボール電話を我々からの贈り物としてお受け取りいただければ幸いです。」信じられるこれ?私これで1000ドルとフットボール電話もらっちゃったのよ。

Rachel: What bank is this?

それって何銀行?

Monica: Okay, it’s him. Who is it?

あ、彼だわ。どちら様ですか?

Alan: Alan.

アランです。

Joey: Chandler! He’s here!

チャンドラー、来たぞ!

Monica: Okay, please be good. Please? Just remember how much you all like me. Hi. Alan, this is everybody. Everybody, this is Alan.

ねぇ、お願いだから普通にしてよ、ね?私のこと大好きだって忘れないで。あら、アラン。皆を紹介するわね。みんな、こちらがアランよ。

Alan: Hi. I’ve heard so much about all of you guys.

やぁ、皆さんのことは沢山お伺いしていました。

Monica: Thanks. I’ll call you tomorrow. Okay. Let’s, let’s let the Alan-bashing begin. Who’s gonna take the first shot. Who? Come on!

ありがと、明日電話するからね。よし、じゃあ、じゃあ、アラン批判を始めましょうか。誰から行くつもり、ねぇ?どうぞ!

Ross: I’ll go. Let’s start with the way he kept picking at… You know? I’m sorry. I can’t do this. Can’t do it. We loved him.

俺がいくよ。まずまず彼のつつくような、、、ていうかスマン。アランをけなすなんて俺には出来ないよ。あいつは良い奴だよ。

Everyone: We loved him!

良い奴だった!

Monica: Wait a minute! We’re talking about someone I’m going with?

ちょっと待って、私が今付き合ってる人の話をしてる?

Everyone: Yes! Yeah!

うん、そうよ!

Rachel: And did you notice?

で、これ気づいた?

Everyone: Yeah.

うん。

Joey: You know what was great? The way he smile was kind of crooked.

俺が好きだったのはさ、あのちょっと歪んだ笑い方だよ。

Phoebe: Yeah, like the man in the shoe.

そうそう、靴の男みたいなさ。

Ross: What shoe?

何の靴?

Phoebe: From the nursery rhyme. “There was a crooked man with a crooked smile who lived in the shoe for a while”.

童謡のよ。

Ross: So, I think Alan will become the yardstick again which all future boyfriends will be measured.

で、俺はアランが今後の彼氏を測るいい基準になると思うね。

Rachel: What’s future boyfriends? No, no, I think, I think this could be, you know, “it”.

何が今後の彼氏よ?違うわよ、私は、私はあの人が「運命」ってやつだと思うわ。

Monica: Really?

本当に?

Chandler: Oh yeah. I’d marry him just for his David Hasselfhoff impression alone. You know I’ll be doing that at parties, right?

あぁ、そうだよ。俺ならあのデービッド・ハッセルホフの印象だけで結婚決定だよ。あれさ、パーティーでやろうかな、な?

Ross: You know what I like the most about him, though?

俺が一番好きだったのは何だったと思う?

Everyone: What?

何よ?

Ross: The way he makes me feel about myself.

あいつがいると自分のことに自信が持てるんだよな。

Everyone: Yeah.

そうね。

コンテンツ - ジャンル別-

- 関連コンテンツ -