カイドラ English

海外ドラマで英語力アップ

フレンズ シーズン1/エピソード3「The One with the thumb モニカの彼はみんなのもの?」 セクション4

Monica: Hi. How was the game?

ねぇ、試合はどうだったの?

Ross: Well.

それがさ…

Everyone: We won!

勝った!

Monica: Fantastic! I have one question: how is that possible?

すごいじゃない!質問だけど、どうやって勝てたのよ?

Joey: Alan.

アランだよ。

Ross: He was unbelievable. He was like that Bugs Bunny cartoon where Bugs is playing all the positions. But instead of Bugs, it was 1st base, Alan. 2nd base, 3rd base Alan…..

あいつは凄いよ。アニメのバグズバニーみたいにさ、全部のポジションこないしてるみたいだったよ。1塁アラン、2塁アラン、3塁アランってさ。

Rachel: I mean, it was like he made us into a team.

それに、アランが私達をチームにしてくれたって感じだったわ。

Chandler: Yeah! We sure showed those Hasidic jewelers a thing or two about softball.

あぁ!あのユダヤの宝石商たちに、ソフトボールとは何かって教えてやったよ。

Monica: Can I ask you guys a question? Do you think Alan is maybe sometimes…

1つ聞いていい?アランって時々そのさ…

Ross: What?

何だよ?

Monica: I don’t know. A little too “Alan”?

分からないけど「アラン」過ぎない?

Rachel: Oh no! That’s impossible. You can never be too “Alan”.

いいえ、そんなこと無いわよ。「アラン過ぎ」なんてあり得ないわ。

Ross: Yeah, it’s his innate “Alan-ness” that that that we adore.

あぁ、アイツの中の「アランっぷり」は、素晴らしいよ。

Chandler: I, personally could have a gallon of Alan. Oh!

俺個人的には、アランをガロンでゴクンって行けるぜ。あ!

Phoebe: Hey, Lizzy.

どうも、リジー。

Lizzy: Hey, weird girl.

あぁ、変な子だね。

Phoebe: I brought you alphabet soup.

アルファベットスープ持って来たわよ

Lizzy: Did you pick out the vowels?

母音は取ってあるんだろうね?

Phoebe: Yes, but I left in the Y’s because you know, “sometimes Y”. Um, and I also have something else for you.

うん、でもYは入ってるけど、だっていうでしょ「時々はYも」って。あの、それと他にもあげたいものがあるの。

Lizzy: Saltines?

クラッカーかい?

Phoebe: No, but would you like thousand dollars and a football phone?

違うの、でもこの1000ドルとフットボール電話要らない?

Lizzy: What? Oh my God! Oh my god, there’s really money in here.

はぁ?なんだいこれ!本当にお金が入ってるじゃないか。

Phoebe: I know.

知ってるわよ。

Lizzy: Weird girl, what are you doing?

変な子、何しようってんだい?

Phoebe: Oh, I want you to have it. I don’t want it.

あの、もらって欲しいの。私は要らないから。

Lizzy: No, no. I have to give you something.

ダメ、ダメ。私も何かあげないと。

Phoebe: No, it’s fine. You don’t.

大丈夫なの、いいから。

Lizzy: Do you want my tinfoil hat?

このアルミホイルを帽子をやろうか?

Phoebe: No, coz you need that. No. It’s okay. Thanks.

いいえ、だってあなた要るでしょ。だから、いいの。ありがと。

Lizzy: Please. Let me do something.

でも、何かさせとくれよ。

Phoebe: Okay, alright. I’ll tell you what. You buy me a soda and we’re even. Okay?

じゃあ、分かった。聞いて。ソーダを買ってよ、それでおあいこ。良いでしょ?

Lizzy: Okay.

あぁ。

コンテンツ - ジャンル別-

- 関連コンテンツ -