カイドラ English

海外ドラマで英語力アップ

フレンズ シーズン1/エピソード4「The One with George Stephanopoulos レイチェルの憂鬱」 セクション3

Chandler: Pass it up to Leetch.

リーチにボールが渡り、

Joey: Leetch spots Messier in the crease. Here’s the pass.

リーチ、ゴール前のメシアを見ている。ここでパスが出た。

Chandler: We’ll take a break time-out while Messier stops and looks at some women’s shoes.

ここでタイムが出ました。メシアは立ち止り、女性用の靴を眺めています。

Ross: Carol was wearing boots just like those the night that we, we first…. You know?

キャロルがさ、こんな感じのブーツをあの夜履いてたんだ。俺たち初の…分かる?

In fact, she uh…. She never took them off. It’s because we…. I’m sorry. I’m sorry. Ah…

そういえば、アイツブーツ最後まで脱がなかったな。だってさ…ゴメン、ゴメン。あ~…

Joey: What?

何だよ?

Ross: Peach pit.

桃の種。

Chandler: Yes, bunny?

なんだいウサギちゃん?

Ross: Peach pit. That night, we, we had uh….

桃の種だ。あの夜俺たちが食べたのは…

Joey: Peaches?

桃だったんだろ?

Ross: Actually, nectarines but basically…

いや、実際はネクタリンだったけど、まぁ…

Chandler: Could’ve been a peach.

桃でも良かったんだよ。

Ross: Then we uh…. Then we got dressed. And I walked her to the bus stop. I’m fine.

それでさ、着替えてバス停まで送って行ったんだ。大丈夫さ。

Joey: Hey, that woman’s got an ass like Carol’s. What? I thought we were trying to find stuff.

おい、あの女キャロルみたいなケツしてるぞ。何だよ?俺たちそういうゲームしてるんじゃないのか?

Rachel: Oh, you guys! Tell me all the dirt.

ねぇ、みんな!全部はいちゃいなさいよ!

Lady2: Well, The biggest news is still you dumping Barry at the altar.

そうね、でも一番大きいニュースは、やっぱりあんたがバリーを式にバリーを置いてったことよね。

Rachel: Uh.

あ~。

Lady3: Alright. Let’s talk reality for a second.

よし、じゃあ現実的な話をしましょう。

Rachel: Okay.

分かった。

Lady3: When are you coming home?

あんた、いつ戻って来るのよ?

Rachel: What? Guys, I’m not.

何?みんな、私戻らないわよ。

Lady3: Come on. This is us.

良いじゃない、私達なんだから。

Rachel: I’m not. This is what I’m doing now. I’ve got this job.

戻らないって。これが今私の生活なんだから。仕事もあるしさ。

Lady2: Waitressing?

ウェイトレスのこと?

Rachel: I’m not just waitressing. I mean, I’m.. I uh, I write specials on the specials board. And uh, and I uh, I take the dead flowers out of the vase. Um, oh, sometimes Arturo lets me put the little chocolate blobbies on the cookies.

ただウェイトレスしてるだけじゃないわよ。私、今日のスペシャルを書いたりさ、それにえっと死んだ花を交換して、あ、あとボスがクッキーにチョコレートの塊乗せるのやらせてくれたりね。

Lady1: Well, your mom didn’t tell us about the blobbies.

あ、あんたのお母さんチョコレートのことは言ってなかったからね。

Monica: Hey, Rach. How was it with your friends? Ah!!! Okay. How would you like some Tiki-Death punch?

あら、レイチェル。お友達とはどうだった?きゃあああああ!!よし、じゃあTiki-Death Punchは要る?

Rachel: What’s that?

何よそれ?

Monica: Well, it’s rum and

えっと、ラム酒と…

Rachel: Okay.

もらうわ。

Monica: We thought since Phoebe’s staying over tonight we’d have kind of a slumber party thing. We got trashy magazines. We got cookie dough. We got twister.

フィービーが今日は泊まっていくから、お泊り会みたいなことしようと思ってるの。クズ雑誌とか、クッキー生地もあるし、ツイスターだって。

Phoebe: Ooh! Ooh! And I brought Operation. But I um, lost the tweezers so we can’t operate. But we can prep the guy.

あ、そうそう!私、オペレーション持って来たんだけど、あの、ピンセット失くしちゃったから、オペレーション出来ないの。でも、患者の下準備は可能よ。

Monica: Rach. It’s the VISA card people.

レイチェル、VISAカードの人から。

Rachel: Oh God. Ask them what they want.

あら、やだ。何の用か聞いてよ。

Monica: Could you please tell me what this is in reference to? Yeah, hold on. They said there’s been unusual activity on your account.

どのようなご用件か教えていただけますでしょうか。はい、お待ち下さい。あなたの口座にいつもには無い動きがあったって。

Rachel: But, I haven’t use my card in weeks.

でも、私何週間もカード使ってないのよ。

Monica: That is the unusual activity. Look, they just want to see if you’re okay.

それが「いつもには無い動き」なんでしょ?ねぇ、ただアンタが大丈夫か確認したいだけよ。

Rachel: They wanna know if I’m okay? Okay, they wanna know if I’m okay. Okay, let’s see. Well…. Let’s see the FICA guys took all my money. Everyone I know is either getting married or pregnant, or getting promoted. And I’m getting coffee. And it’s not even for me. So, if that sounds I’m okay, okay you can tell them I’m okay. Okay?

私が大丈夫かですって?うん、私が大丈夫かどうかね。えっとそうね、FICAって奴が私の給料持って行っちゃって、私の知り合いは皆結婚とか妊娠とか、昇進とかでしょ。それなのに私はコーヒーを作ってるのよ。しかも自分のためでも無いの。それが大丈夫に聞こえるなら、大丈夫って言ってやったらどう?大丈夫だから。

Monica: Uh, Rachel has left the building. Can you call back?

あの、レイチェルは出て行ってしまいました。かけ直していただけますか?

Rachel: Alright. Come on! Let’s play Twister.

じゃあ、あんた達。ツイスターでもやりましょ。

Chandler: I’m sorry.

すみません。

Ross: sorry.

すみません。

Ross: Oh oh.

あ~あ。

Chandler: What? There was ice there that night with Carol? Plastic seats? Four thousand angry Pittsburgh fans?

何だよ?キャロルとの夜に氷でもあったのかよ?プラスチックの席に、4千人のピッツバーグファンでもいたのかよ?

Ross: No. Actually, I was just saying it looks like we’re not sitting together. But now that you mention it, there was ice there that night. It was the first frost.

いや、そうじゃなくて俺たち一緒に座れない、と言おうとしただけだよ。でも、そう言われれば、あの夜氷はあったな。初霜が降りてたんだ。

Joey: Sit. Just sit down. Sit.

いいから、座れ。座れって。

Monica: You should feel great about yourself. You‘re doing this amazing independent thing.

自分に自信持たないとダメよ。自立って言う凄いことしようとしてるんだから。

Rachel: Monica, what is so amazing? I gave up, like everything. And for what?

何が凄いことよ?私、何もかも諦めたのよ。でも何のために?

Phoebe: You are just like Jack.

あなたは、ちょうどジャックみたいなものよ。

Rachel: Jack from downstairs?

下の階のジャック?

Phoebe: No, Jack and the Beanstalk.

いいえ、ジャックと豆の木。

Monica: Ah, the other Jack.

あ~もう一人のジャックね。

Phoebe: Yeah, right. See, he gave up something. But he got those magic beans. And then he woke up and there was this, this big plant outside of his window, full of possibilities and stuff. And he lived in a village, and you live in the Village.

そうよ、そう。彼も何か諦めて代わりに魔法の豆を手に入れたのよ。で、木がついたら窓の外に巨大な木があって、可能性とか他のものが詰まってたのよ。それに彼は村に住んでたし、私達もVillageに住んでるじゃない。

Rachel: Okay, but pheebs, pheebs, Jack gave up a cow. I gave up an orthodontist. Okay, I know I know I didn’t love him, but….

分かったけど、でもねフィービー。ジャックが諦めたのは牛。私が諦めたのは歯科医よ。分かる?だって彼のことは愛してなかったけど、でも…

Phoebe: Oh, see, Jack did love the cow.

あ~そっか。ジャックはそういえば牛を愛したわね。

Rachel: But see, it was a plan. You know? It was clear. Everything was figured out and now everything’s just kind of like...

でもね、それが計画だったのよ。ね?全部綺麗に見えて、分かりやすかったのに。今はもう全てが…

Phoebe: “Flupie”?

フラ~?

Rachel: Yeah.

そう。

Monica: Well, you’re not the only one. I mean, half the time, we don’t know where we’re going. I mean, you just got to figure, at some point, it’s all gonna come together. And it’s just gonna be “un-flupie”.

えっと、そんなのあんただけじゃないわよ。つまり、半分くらいは私達だってどこに向かってるのか分からない時があるわ。いつかどこかでわかる時が来るのよ、全てが上手くハマッてさ。それでフラ~の反対になるのよ。

Phoebe: Yeah, like that’s a word.

あら、フラ~が本当の言葉みたいに使うのね。

Rachel: Okay, but Monica, what if, what if it doesn’t come together?

分かった、でもねモニカ。もし全てが上手くハマらなかったらどうするのよ?

Monica: Pheebs?

フィービー?

Phoebe: Well, because you just… I, I don’t like this question.

えっと、だってそれは…私この質問好きじゃない。

Rachel: Okay, see? See, you guys? What if we don’t get magic beans? I mean, what if all we’ve got are beans?

ね、分かる?分かってくれる、みんな?もし魔法の豆が手に入らなかったらどうするのよ?手に入れたのが普通の豆だったりしたら。

Ross: Get him! Get him! Yes, you’re not laughing now, are you, pal?

倒せ!倒せ!おい、今笑ってる場合じゃないよな、お前?

Chandler: Alright. That’s right. All you need are bunch of toothless guys hitting each other with sticks.

よし、その調子だ!今のお前に必要なのは、歯の無い連中が棒持って殴りあうことだよ。

Ross: Well, pass it! Pass it!

そうだ、パスだ!パス!

Chandler: He’s open! He’s open! Shoot it! Shoot it!

アイツが空いてるぞ!フリー!打て!打て!

Guys: Oh……

あ~

Chandler: Hey, look! We’re on that TV thing. Look at him! Hey, hey!

おい、見ろよ!俺たちTVのに映ってるぞ!こいつを見ろ!こっちだ!こっち!

コンテンツ - ジャンル別-

- 関連コンテンツ -