カイドラ English

海外ドラマで英語力アップ

フレンズ シーズン1/エピソード1「Where it all began マンハッタンの6人」 セクション1

Monica: There’s nothing to tell. It’s just some guy I work with.

何も言うことなんかないわ。ただの同じ職場の男よ。

Joey: Come on! You’re going out with a guy. There’s gotta be something wrong with him.

嘘つくなって!お前が付き合うんだから、何かワケありなんだろ。

Chandler: So does he have a hump and a hair piece?

もう年くって、かつらでもつけてる中年野郎じゃないの?

Phoebe: Wait. Does he eat chalk? Because I don’t want her to go through what I went through with Carl.

ちょっと待って。その人チョークとか食べる?だって、カールで体験したこと、繰り返して欲しくないじゃない。

Monica: Okay, everybody relax. This is not even a date. It’s just two people going out to dinner and not having sex.

もう、皆リラックしてよ。今回はデートでもなんでもないの。ただの二人が一緒に夕食に行くだけ。セックスはなしよ。

Chandler: Sounds like a date to me.

それが「デート」ってもんだろ。

Chandler: Alright. So back in my high school, I am standing in the middle of the cafeteria, and I realize I’m totally naked.

よし。それ(チャンドラーが見た夢)は高校時代に戻ってて、俺は喫茶店の真ん中で突っ立ってた。そこで気づいたことは、自分が素っ裸だったんだ。

Monica: I’ve had that dream.

私もそんなの見たことあるわ。

Chandler: Then I looked down and I realize there is a phone…there.

で、下を見ると電話があったんだ、、、、アソコに。

Joey: Instead of….

アレの代わりに?

Chandler: That’s right!

その通り!

Joey: That one, I’ve never had.

そんなのは見たこと無いなぁ。

Chandler: All of the sudden, the phone starts to ring. And it turns out it’s my mother. Which is very very weird, because she never calls me.

そこで急にその電話が鳴り出したんだ。出るとそれが俺のオカンなんだよ。本当に変な夢だよ。だって、、、オカン滅多に電話なんてしてこないもん。

Ross: Hi.

やぁ。

Joey: This guy says “Hello”, I wanna kill myself.

こいつが挨拶するだけで、死にたくなるよ。

Monica: You okay, sweetie?

大丈夫、兄貴?

Ross: I just feel like someone reached my throat, grabbed my small intestine, pulled it out of my mouth and tied it around my neck.

誰かが、喉から手ぇ突っ込んで、内臓を口から引っ張り出して、それを俺の首に巻かれたような気分だ。

Chandler: Cookie?

クッキーいる?

Monica: Carol moved her stuff out today. Let me get you some coffee.

キャロル(ロスの元妻)が荷物まとめて出て行ったんだ。コーヒー頼んでくる。

Ross: Thanks.

どうも。

Phoebe: Uh, Ah…

うわ、、、

Ross: Oh, no, don’t! Stop cleansing my aura. Just leave my aura alone, okay? I’ll be fine. Alright? Really everyone, I hope she’ll be very happy.

やめろ!俺のオーラを浄化するな。ほっといてくれって、な?大丈夫だよ。本当だよ、皆。あいつ(キャロル)の幸せを祈るよ。

Monica: No, you don’t.

嘘だね。

Ross: No, I don’t. To hell with her. She left me.

あぁ、嘘だよ。あいつめ地獄に落ちろ。俺を捨てやがって。

Joey: And you never knew she was a lesbian.

お前、キャロルがレズだって知らなかったのか?

Ross: No! Okay? Why does everyone keep fixating on that? She didn’t know. How should I know?

知るか!何でそれにこだわるんだよ!キャロル自身も知らなかったんだ。俺が知るわけないだろ。

Chandler: Sometimes I wish I was a lesbian. Did I say that out loud?

時々自分がレズだったらいいな~って…俺、声に出して言っちゃった?

Joey: Alright, Ross. Look, you’re feeling a lot of pain right now. You’re angry. You’re hurting. Can I tell you what the answer is? Strip joints! Come on, you’re single. Have some hormones.

なぁ、ロス。今お前は苦痛と怒りで、傷ついてる。どうしたら良いか分かるか?ストリップ参加だよ!考えてみろ!もう独身なんだ。少しホルモンでも吸って来い。

Ross: See, but I don’t want to be single okay? I just want to be married again.

でも、俺は独身が嫌なんだ。ただ既婚でいたいんだよ。

Chandler: I just want a million dollars!

(ロスが嫁さんなら)俺には百万ドルをくれ!

Monica: Rachel?

レイチェル?

Rachel: Oh, God, Monica! Hi, thank God! I just went to your building and you weren’t there. And this guy with a big hammer said that you might be here and you are. You are.

あ、モニカ!神様ありがとう!モニカの家に行ったんだけど、いなくて。大きなハンマーを持った人が、ここに来たらモニカに会えるかもって。で、やっと会えた。会えたわ。

A clerk girl: Can I get you some coffee?

コーヒー注文されますか?

Monica: Decaf. Okay, everybody. This is Rachel, another Lincoln High Survivor. This is everybody. Chandler, Phoebe and Joey. And you remember my brother, Ross?

カフェイン抜きで。じゃ皆、彼女はレイチェル。リンカーン高校の生き残りの一人。ここの皆は、チャンドラー、フィービー、ジョーイ、で私の兄貴覚えてる?ロスよ。

Rachel: Sure!

もちろん!

Ross: Hey.

どうも。

Monica: So you want to tell us now, or are we waiting for four wet bridesmaids?

で、今話したいの?それか(あんたみたいに)濡れたブライドメイドも来るのを待つ?

Rachel: Oh God. Well, it started about a half hour before the wedding. I was in this room. And I was keeping all the presents. And I was looking at this gravy boat. This really gorgeous Limoges gravy boat. When all of a sudden, Sweet’n Low? I realize. I realized I was more turned on by this gravy boat than by Barry. And then I really freaked out. And that’s when it hit me. How much Barry looks like Mr. Potato Head. You know, I mean, I always knew he looked familier but….. Anyway, I had just to get out of there, and I started wondering “Why am I doing this?” and “Who am I doing this for?”. So anyway, I didn’t know where to go, and I know you and I kind of just drifted apart. But you’re the only person I know in the city.

あぁ…もう。全ては結婚式の半時間前に始まったの。私はある部屋でプレゼントを開けてて、綺麗なグレイビーボートを見ていたの。本当に豪華なリモージュのやつ。で、急に…甘味料?気づいたのが、そのグレイビーボートにもっと気持ちが惹かれるのが分かったの。バリー(夫になる人物)よりも。で、本当にパニックになっちゃって。そこで衝撃だったのが、バリーがMr. Potato Headに良く似てるって思っちゃったの。ずっと、何かに似てるなぁ~て思ってたんだけど、、、ま、とにかく式場から出ないとって思って。「何やってるの、私?」「誰のためにやってるの?」って思い出して。ま、それは良いわね。とにかく、どこに行けばいいか分からなくて、モニカと私は最近連絡とってなかったけど、市内でモニカしか知ってる人がいなくて。

Monica: Who wasn’t invited to the wedding.

そのモニカは、式に呼ばれなかったんだけど。

Rachel: I was kind of hoping that wouldn’t be an issue.

それは、言わないで欲しかったわ。

コンテンツ - ジャンル別-

- 関連コンテンツ -