カイドラ English

海外ドラマで英語力アップ

フレンズ シーズン1/エピソード7「The One with the blackout マンハッタンが真っ黒」 セクション3

Rachel: Okay, come on. Somebody. Somebody.

ねぇ誰か!誰でも良いから!

Monica: Alright. I’ll go. I’ll go.

じゃ、私からね。

Joey: Okay.

よし。

Monica: Um, senior year of college on a pool table.

えっと、大学最後の年に、ビリヤードテーブルで。

Joey: Oooh, hooh, hooh!

ヒュー!ヒュー!

Rachel: Pool table?

ビリヤードテーブル?

Ross: That’s my sister.

さすが俺の妹だ。

Joey: Okay, okay. My weirdest place would have to be the women’s room on the second floor of the New York City Public Library.

よし、じゃあ俺の一番おかしな場所は、ニューヨーク市公共図書館2階の女子便所だ。

Monica: Oh my God! What were you doing in a library?

うわぁ~、あんた図書館で何やってんのよ?

Ross: Um, pheebes. What about you?

じゃあ、フィービーはどう?

Phoebe: Oh, um…. Milwaukee.

う~ん、えっと…ミルウォーキー。

Rachel: Ah, Ross?

あ~ロス?

Ross: Disneyland, 1989. “It’s a small world after all.”

ディズニーランドで、1989年に。「イッツアスモールワールド」で。

Joey: No way.

マジかよ。

Ross: And the ride broke down, so Carol and I went behind a couple of those mechanical Dutch children. Then they fixed the ride, and we were asked never to return to the Magic Kingdom.

乗り物が壊れてさ、キャロルとオランダ系のメカ子供の後ろでヤったんだ。で、乗り物が直ったと同時に、マジックキングダムからは永久追放されちゃった。

Phoebe: Oooh. Rachel?

う~っと、レイチェルは?

Rachel: Oh come on. I already went.

何言ってるのよ、。もう言ったでしょ。

Monica: You did not go.

言ってないわよ。

Rachel: Yes, I did.

言ったわよ。

Joey: Come on. Tell us.

いいから、教えろよ。

Rachel: Alright. Uh, the weirdest place would have to be, oh, the foot of the bed.

分かった。あ~、一番おかしな場所は…えっと~ベッドの下の方。

Ross: Step back!

下がりたまえ!

Joey: We have a winner!

我らが勝者ここにあり!

Rachel: I’ve just never had a relationship with that kind of passion. You know, where, where you have to have somebody right there in the middle of a theme park.

私ね、これまで一度も情熱の付き合いってしたことないの。分かる?テーマパークのど真ん中でヤれるような相手と。

Ross: Well. It was the only thing to do there that didn’t have a line.

そういえば、あれだけだったよ、人が並んで待っていなかったことって。

Rachel: See? I mean, Barry wouldn’t even kiss me on a miniature gold course.

ね、バリーなんて、ミニゴルフのコースでキスもしてくれなかったのよ。

Ross: Come on.

ウソだろ。

Rachel: No. He said we were holding up the people behind us.

本当よ。後ろの人を待たせてるからって。

Ross: And you didn’t marry him because?

で、彼と結婚しなかった理由って…?

Rachel: I mean, do you think there are people that go through never having that kind of.

だからね、そういう情熱的な付き合いを一度もしない人っているのかなって思って。

Ross: Probably.

多分ね。

Rachel: Really?

本当?

Ross: But, but you know. I’ll tell you something. Passion is way overrated.

でも、俺の言うこと分かるかな、情熱って過大評価されていると思うんだ。

Rachel: Yeah, right.

うん、そうね。

Ross: It is. I mean, eventually, it kind of burns out. But hopefully, what you’re left with trust and security and oh, in case of my ex-wife, lesbianism. So you know for all these people who miss out on that passion thing, there’s other good stuff.

そうだよ、つまり最後には枯れちゃうんだよ。でも理想的には、残された感情が信頼と安心で、お、俺の妻の場合はレズビアンだな。だから、情熱的な付き合いを出来なかった人でも、他の良い部分があるってことだよ。

Rachel: Okay.

分かった。

Ross: But I don’t think that’s gonna be you.

でも、レイチェルは違うと思うな。

Rachel: You don’t?

そう?

Ross: Mmm. See, I see uh, big passion in your future.

そうだよ。俺にはレイチェルの未来にでかい情熱が見えるんだ。

Rachel: Really?

本当?

Ross: Mmm.

うん。

Rachel You do?

本当ね?

Ross: I do.

本当だよ。

Rachel: Oh Ross. You’re so great.

あ~ロス。あなたって最高ね。

Joey: It’s never gonna happen.

絶対に上手く行かねぇよ。

Ross: What?

何が?

Joey: You and Rachel.

お前とレイチェルだよ。

Ross: What? What? Why not?

何が何で何と何だ…なんでだよ?

Joey: Because you waited too long to make your move and now you’re in the Friend Zone.

待ち過ぎなんだよ、お前は。完全に今友達領域だよ、お前。

Ross: No, no no. I’m not in the Zone.

いやいやいや、俺はそんな領域じゃない。

Joey: No, Ross. You’re mayor of the Zone.

違うよ、ロス。お前は友達領域の市長だよ。

Ross: Look, I’m taking my time, alright? I’m I’m I’m laying the groundwork. Yeah, and every day I get a little bit closer to uh.

いいから聞けって。俺は自分のペースでやってるんだよ。外枠を固めて、毎日少しずつ近づいていってるんだ。えっと…

Joey: Priesthood! Look, Ross, I’m telling you. She has no idea what you’re thinking. And if you don’t ask her out soon, you’re gonna end up being stuck in the Zone forever.

坊さんにだろ!いいか、ロス。言っといてやるよ。レイチェルにはお前の気持ちなんてこれっぽっちも伝わってないぞ。すぐにでもデートに誘わないと、永遠に友達領域のままだって。

Ross: I will. I will. I’m just, see, I’m waiting for the right moment. What? What, now?

やるよ、いつかな。ただ、ふさわしい時を、待っているだけなんだよ。何だよ?今やれってか?

Joey: Yeah. What’s messing you up? The wine? The candles? The moonlight? Huh? You just gotta go up to her and you’re gonna say “Look, Rachel, I think.”

あぁ、何がふさわしくないんだよ。ワインに、蝋燭に、月明かりだぞ?な?ただあいつの所にいって言うんだ「なぁレイチェル、俺が思うのは…」

Both: Shh! Shh! Shh!

シー!シー!シー!

Rachel: What are we shushing?

何をシーシー言ってるのよ?

Ross: We’re shushing because we’re trying to, to hear something.

ちょっと聞こうとしてただけだよ。

Rachel: What?

何を?

Ross: Ah, don’t you hear that?

えっと…、聞こえない?

Rachel: Ah.

あ~

Ross: See?

分かった?

Rachel: Ah huh.

うん。

コンテンツ - ジャンル別-

- 関連コンテンツ -