カイドラ English

海外ドラマで英語力アップ

フレンズ シーズン1/エピソード7「The One with the blackout マンハッタンが真っ黒」 セクション5

Chandler: You know, on second thought, gum would be perfection. Gum would be perfection? Gum would be perfection. Could’ve said gum would be nice. Could’ve said I’ll have a stick. But no no no no no. For me, gum is perfection. I loathe myself.

えっと、考え直したんだけど、ガムって完璧。「ガムって完璧」?「ガムって完璧」?ガムもらえるなら嬉しいな、とかスティック一枚下さい、とか言えるだろ、でもノーノーノーノー。俺にしちゃ「ガムって完璧」かよ。俺なんて大嫌いだ~

Rachel: Oh, no. The Mellons. They hate all living things, right?

あ~、ダメよ、Mellon宅は。皆生き物嫌いでしょ?

Phoebe: Oh.

あ~。

Rachel: Hi. We, we just found this cat, and we’re looking for the owner.

こんにちは、たまたまこの猫を見つけて、飼い主を探しているんですが。

Heckle: Um, yes, it’s. it's mine.

うむ、それはワシのじゃ。

Phoebe: He seems to hate you. Are you sure?

あなたのこと、嫌ってるみたいなんだけど、本当なの?

Heckle: Yeah, it’s my cat. Give me my cat.

うむ、ワシのじゃ、返してくれ。

Phoebe: Uh, wait a minute. What’s his name?

あ~、ちょっと待って。この猫の名前は?

Heckle: Um, Bob, Buttons.

うむ、ボブ、バトンじゃ。

Rachel: Bob Buttons?

ボブ・バトン?

Heckle: Ah huh. Ah huh. Bob Buttons. Here, Bob Buttons.

そう、そうじゃ、ボブ・バトンじゃ。ほれ、ボブ・バトン。

Phoebe: Oh, you ‘re a very bad man.

あら、あなたはひどい人みたいですね。

Heckle: You owe me a cat.

猫一匹ツケとくぞ。

Rachel: Here, kitty kitty, kitty. Where did you go, little kitty kitty kitty? Hi.

どこ~、子猫ちゃん?どこいったの、子猫ちゃ~ん。あら、こんにちは。

Paolo: Marce.

やぁ。

Rachel: Oh wow!

うわぁ!

Ross: Come on. Lucky sixes!

出て来い、6が2つ!

Rachel: Everybody, this is Paolo. Paolo, I want you to meet my friends. This is Monica.

皆、この人パオロって言うんだって。友達に紹介したいの、この人がモニカで、

Monica: Hi.

こんにちは

Rachel: And Joey.

次が、ジョーイ。

Monica: Hi.

こんにちは。

Rachel: And Ross.

で、ロスよ。

Monica: Hi.

こんにちは。

Rachel: He doesn’t speak much English.

あまり英語話さないみたい。

Paolo: Monopoly!

モノポリー!

Rachel: Oh, look at that.

あら、見て~!

Ross: So, uh, where did Paolo come from?

で、パオロはどこからやってきたの?

Rachel: Oh, Italy, I think?

イタリアじゃないの、多分?

Ross: No, I mean tonight, in the building? Suddenly, into our lives?

いや、俺が聞きたいのは、今夜俺達の建物に、突然俺達の生活に、だよ。

Rachel: Well, the cat turned out to be Paolo’s cat. Isn’t that funny?

えっと、あの猫パオロの猫だったのよ。おかしくない?

Ross: That is funny. And Rachel keeps touching him.

確かに。でレイチェルはパオロに触りまくってることもな。

Phoebe: Alright. I looked all over the building and I couldn’t find the kitty anywhere.

はぁ、建物中探したけど、子猫見つからなかったわよ。

Rachel: Oh, I found him. It was Paolo’s cat.

あら、私見つけたわ。パオロのだったのよ。

Phoebe: Ah well, there you go. Last to know again. And I’m guessing, since nobody told me, this is Paolo?

あ~、やっぱりね。私がまた最後なのね。で、誰も私に紹介してくれないから、推測だけどこの人がそのパオロ?

Rachel: Oh. Paolo, this is Phoebe.

あ~、パオロ、こちらはフィービーよ。

Phoebe: Hi. You betcha.

こんにちは。あなたの言う通りよ。

コンテンツ - ジャンル別-

- 関連コンテンツ -