カイドラ English

海外ドラマで英語力アップ

フレンズ シーズン1/エピソード8「The One where Nana dies twice 陽気なお葬式」 セクション3

Chandler: I, I just have to know. Okay? Is it my hair?

俺知っとかないと。な?俺の髪型か?

Rachel: Yes, Chandler. That’s exactly what it is. It’s your hair.

そうよ、チャンドラー。その通り、髪型が悪いのよ。

Phoebe: Yeah, you have homosexual hair.

えぇ、あなたは同性愛ヘアーなのよ。

Rachel: Hey.

どうも。

Monica: Hi.

やぁ。

Rachel: So um, did she?

で、おばあさんは?

Ross: Twice.

2回もだよ。

Joey: Twice?

2回?

Phoebe: Oh that sucks.

うわ、それって最悪ね。

Joey: You guys okay?

お前ら大丈夫か?

Ross: I don’t know. It’s weird. I mean, I know she’s gone. But I just don’t feel…

さぁね、変な感じだよ。なんていうか、死んじゃったんだけど、そう感じないんだ。

Phoebe: Maybe that's coz she’s not really gone.

まだ死にきれていないのかも。

Ross: No, no. She’s gone.

いやいや、死んでるよ。

Monica: We checked. A lot.

確認したから。何回もね。

Phoebe: No, no. I mean, maybe no one ever really goes. You know? Every since my mom died, every now and then I get this feeling that she’s like, right here, you know? Oh, and Debbie, my best friend from junior high got struck by lightning on a miniature gold course. Um, I always get this really strong Debbie vibe whenever I use little those yellow pencils, you know? I miss her.

違う違う、私が言ってるのは、ひょっとしたら誰もいなくなったりしないんじゃないかって。母さんが死んでから、しょっちゅう感じるの、今ここにいるって、分かる?あ、それと中学の親友デビーも。ミニゴルフコースで雷に打たれたんだけど。えっと、いつもデビーの強い存在を感じるの。黄色い鉛筆を使う時は、いつも。寂しいわ。

Rachel: Oh, here, Pheebs. Want this?

あら、フィービー、これ欲しい?

Phoebe: Oh thanks.

あ~、ありがと。

Rachel: Sure. I just sharpened her this morning.

今朝、そのデビー、削っといたわよ。

Joey: I say, I don’t believe any of that. I think when you ‘re dead, you’re dead. You’re gone. You’re worm food. So Chandler looks gay, huh?

俺はそんなの全く信じないね。死んだ人は死んだ人だ。もう逝っちゃったんだよ。虫のエサと同じ。で、チャンドラーは同性愛者に見えるって?

Phoebe: I don’t know who this is. But it’s not Debbie.

これが誰か分からないわ。でも、デビーじゃないのは確かよ。

Ross: I thought it was gonna be a closed casket.

閉棺式だと思ってたんだけど。

Judy: Well, that doesn’t mean she can’t look nice. Sweetie, you think you can get in there?

あら、だからって綺麗に見えたらいけないわけじゃないでしょ。ねぇ、その中に行ってくれる?

Ross: I don’t see why not. Ah! Here’s my retainer.

あぁ、断る理由がないからな。あ!俺の歯矯正具!

Jack: I was just thinking, when my time comes.

ただ、考えてたんだが、俺の時が来たら…

Monica: Dad!

父さん。

Jack: Listen to me. When my time comes, I wanna be buried at sea.

良いから聞け。俺の時が来たら、海に沈めて欲しいんだ。

Monica: You what?

はぁ?

Jack: I wanna be buried at sea. It looks like fun.

海に沈めて欲しいんだよ。楽しそうだからな。

Monica: Define “fun”.

「楽しい」を定義してよ。

Jack: Come on. You make a day of it. You’ll get a boat, pack a lunch.

おい、一日仕事になるだろ。ボートを借りて、弁当作ってな。

Monica: And then we throw your body in the water. Gee, that does sound fun.

で、父さんの体を海に投げるのよ。本当、楽しそうね。

Jack: Everyone thinks they know me. Everyone says “Jack Geller, so predictable.” Maybe after I’m gone, they will say, “Buried at sea? Huh.”

皆、俺のことを知ってると思ってるんだ。「ジャック・ゲラー、予測可能なやつ」てな。俺が死んだ後に、もしかしたら「海に沈められた男?ふ~む」ってなるかも知れん。

Monica: That’s probably what they’ll say.

多分、皆そういう風に言うでしょうね。

Jack: I’d like that.

そうだと言いがな。

コンテンツ - ジャンル別-

- 関連コンテンツ -