カイドラ English

海外ドラマで英語力アップ

フレンズ シーズン1/エピソード8「The One where Nana dies twice 陽気なお葬式」 セクション4

Chandler: Hey, gorgeous.

よお、べっぴんさん。

Colleague: Hey. Look, I’m sorry about yesterday. I….

ねぇ、聞いて。昨日はごめんなさい、私ったら…

Chandler: Oh, no no no no, don't, don’t worry about it. Believe me. Apparently other people have made the same mistake.

あ~、いい、いい。心配しないで。信じてくれていい。同じ風に間違えた人も明らかに他にもいたから。

Colleague: Oh okay. Phew!

あら、そう。ほっ!

Chandler: So uh, what do you think it is about me?

で、えっと、それって俺の何だと思う?

Colleague: I don’t know what. You just have uh, a quality.

何か分からないけど、人柄、かな。

Chandler: Quality. Right. Great.

人柄ね、はい、そうか。

Colleague: Well, this is a shame because you and Lowell could’ve made a great couple.

えっと、残念ね、だってロウェルとあなたなら上手く行くかもと思ったから。

Chandler: Lowell? Financial Services Lowell? That’s who you saw me with?

ロウェル?ファイナンシャルサービス部の?そいつが俺のデート候補だったの?

Colleague: What? He’s cute.

何よ?彼カワイイじゃない。

Chandler: Well, yeah. He’s no Brian in Payroll.

あぁ、確かに。でも、人事課のブライアンじゃないからな。

Colleague: Is Brian?

ブライアンってそうなの?

Chandler: No. Not, I don’t know. The point is, if you were gonna set me up with someone, I’d like to think it’d be with somebody like him.

いや、知らないよ。でも、俺が言いたいのは、誰か俺のデート相手なら、ブライアンみたいな奴が良いかなってこと。

Colleague: Oh, I think Brian’s a little out of your league.

あ~、私が思うに、ブライアンは少し高嶺の花だと思うけど。

Chandler: Excuse me. You don’t think I could get a Brian? Because I could get a Brian. Believe you me. I’m really not.

何だって?俺にはブライアンをゲット出来ないっていうのか?そんなことないよ。信じてみてくれよ。…俺、本当にゲイじゃないから。

Ross: This one?

これは?

Lady: No.

違うわ。

Ross: I’ve shown you every dress we have. Unless you want your mother to spend eternity in a lemon-yellow pantsuit go with the burgundy.

あるドレス全部見せたよ。ただ、自分の母親にレモンイエローのパンツスーツとワインレッドを着せて、永遠を過ごして欲しいなら、別だけど。

Lady: You know, whatever we pick, she would’ve told us it’s the wrong one.

でも、何を選んでもきっと文句言うわよ。

Judy: You’re right. We’ll go with the burgundy.

そうね、ワインレッドで行きましょ。

Ross: Ah, a fine choice. I’m coming out.

あ~、それで良い思うよ。じゃ、そっちに戻るよ。

Lady: Wait! We need shoes.

待って!靴がいるわ。

Ross: Okay. Ah, how about these?

分かった。じゃあこれは?

Judy: Ah, that’s really a day shoe.

あ~、それは日中にはく靴よ。

Ross: And where she’s going, everyone else will be dressier?

で、お婆ちゃんが行くところは、皆もっとおめかししてるの?

Lady: Could we see something in a slimmer heel?

少し細めのヒールはある?

Ross: Okay. I have nothing in an evening shoe in the burgundy. I can show you something in a silver that may work.

かしこまりました。日没後用の靴でワインレッドに合ったものは無いですが、合うかも知れない銀色の靴ならお見せ出来ますが。

Lady: No, it really should be burgundy.

ダメよ、ワインレッドじゃないと。

Judy: Unless we go with a different dress.

それか、他のドレスを選ぶかね。

Lady: Yes.

そうね。

Ross: No, no, no. Watch this. Wait, I may have something in the back. Oh my God.

いえいえいえ、これを見て下さい。あ、もしかすると棚の後ろに何かお見せ出来るものがあるかも知れません。

Judy: Is everything alright, dear?

どうしたの?

Ross: Yeah, yeah. Just, just Nana’s stuff.

うん、うん、ただ、おばあちゃんの物があった。

コンテンツ - ジャンル別-

- 関連コンテンツ -