カイドラ English

海外ドラマで英語力アップ

フレンズ シーズン1/エピソード9「The One where underdog gets away 感謝祭の大騒動」 セクション5

Carol: Anytime you’re ready.

いつでも良いわよ。

Ross: Okay. Okay, here we go. Oh, okay, where, where am I talking to here? I mean, um, well, there’s one way that seems to offer a certain acoustical advantage, but…

おう、おう、じゃ始めるか。あの、どこに話しかけたらいいんだ?だって、えっと、角度によって、音響良し悪しが変わるから…

Carol: Just aim for the bump.

丸いとこを狙ったら良いのよ。

Ross: Okay. Okay. Okay, okay, here goes. You know, I, you know, I can’t do this. Uh, this is, it’s too weird. I, I feel stupid.

はいはい、分かった、分かった。じゃ行くぞ。分かる、俺、俺には出来ないよ。これは変だって。アホくさく思っちゃう。

Carol: Well, then don’t do it. It’s fine. You don’t have to do it just because Susan does it.

えっと、じゃあやらなかったら良いじゃない。スーザンがやるからって、あなたがやる必要ないわよ。

Ross: Hello baby. Hello. Hello.

やぁ、赤ちゃん。こんにちは、元気ぃ?

Rachel: the moment we first saw the giant dog shadow fall over the park.

巨大な犬の影が公園に落ちて行く瞬間って…

Phoebe: Yeah. But did they have to shoot him down? I mean, that was just mean.

そうね、でも撃ち落とす必要はあったのかな?私が思うに、あれって単なる意地悪よ。

Monica: Okay. Right about now the turkey should be crispy on the outside, and juicy on the inside. Why are we standing here?

よ~し、今頃七面鳥は外側がこんがりで、中はジューシーのはずよ。何でここで突っ立てるの?

Rachel: We’re waiting for you to open the door. You’ve got the keys.

ドア開けるのを待ってるのよ。鍵あるでしょ?

Monica: No, I don’t.

いいえ、無いわ。

Rachel: Yes you do. When we left, you said “Got the keys.”

あるでしょ、出る時に「鍵はある」って言ったじゃない。

Monica: No, I didn’t. I asked “Got the keys?”

言ってないわよ。「鍵はある?」って聞いたのよ。

Rachel: No, no, no, you said “Got the keys.”

違うわよ「鍵はある」って言ったわ。

Chandler: Either of you have the keys?

どちらも持って無いのか、鍵は?

Monica: The oven is on!

オーブンつけっぱなしなのに!

Rachel: I’ve gotta get my ticket.

私の航空券だって。

Joey: Oh, wait wait! We have a copy of your key.

あ、待って待って!合鍵があるよ。

Monica: Oh, well, then get it! get it!

じゃあ、持ってきて、持ってきて!

Joey: Okay. That tone won’t make me go any faster.

そんな言い方じゃ、俺を早く動かさないぞ。

Monica: Joey!

ジョーイ!

Joey: That one will.

そう、それなら動く。

Monica: Okay.

オーケー。

Ross: And everyone’s telling me, “you’ve gotta pick a major. You’ve gotta pick a major!”. So, on a dare, I picked paleontology. And you have no idea what I’m saying, because let’s face it. You’re fetus. You’re just happy you don’t have gills anymore.

で、皆が俺に言ったんだ「専攻を決めろ、専攻を決めろ」てね。それにのって古生物学を取ったんだよ。俺が何を言ってるか分からないだろうな、だって君は胎児なんだから。ちょうどエラから進化して幸せに思ってるところかな。

Carol: Look, you don’t have to talk to it. You can sing to it if you want to.

ねぇ、別に話さなくても良いのよ。歌でも歌ってみれば。

Ross: Oh, please. I am not singing to your stomach, okay?

おい、止めろよ。俺はお腹に向けて歌ったりしないから。な?

Susan: How’s it going?

調子はどう?

Ross: Shh. Shh. Shh. Shh. Here we come. Walking down the street. Get the funniest looks from everyone we meet. Hey, hey. Hey, um, did you just feel that?

シッ、シー。「今から行くよ。この道を伝って。道行く人の可笑しな表情を見ながら。ヘイヘイ!」おい、えっと、今の感じた?

Carol: I did.

うん。

Ross: Well, does it always?

えっと、いつもそうなのか?

Carol: No, no. That was the first.

いいえ、違うわ。さっきのが初めてよ。

Susan: Keep singing. Keep singing.

続けて、続けて。

Ross: Hey. Hey hey, you’re my baby. Uh, I can’t wait to meet you. Uh, when you come out I’ll buy you a bagel and then we’ll go to the zoo.

おい。ヘイヘイ、お前は俺の子さ。あっと、出てくるのが待ちきれないよ。出てきたら、ベーグルを買って、動物園に行こうな。

Susan: I felt it this time.

私も感じたわ。

Ross: Hey hey I’m your daddy. I’m the one without any breasts.

ヘイヘイ、俺はお前の親父だよ。おっぱいがない奴さ。

Joey: No, not that one.

違う、それじゃない。

Monica: Can you go any faster with that?

もっと早くできないの?

Joey: Hey, I got one keyhole and a zillion keys. You do the math.

おい、一つの鍵穴に、数え切れない鍵だぞ。計算してみろ。

Rachel: Why do you guys have so many keys in there anyway?

どっちにしたって、なんでそんなに鍵を持ってるのよ?

Chandler: For an emergency just like this?

こういう緊急事態のためだろ?

Rachel: Alright. Listen, smirky. If it wasn’t for you and your stupid balloon, I’d be on a plane watching a woman do this right now. But I’m not.

ねぇ、ちょっとニヤニヤ君。あんたと馬鹿げた風船の話が無かったら、今頃私は飛行機の上で女の人がこうやってるのを見てるのに、ここにいるのよ。

Monica: I swear you said you had the key.

神に誓って、あんた鍵があるって言ったわよ。

Rachel: No, I didn’t. I wouldn’t say I had the keys unless I had the keys. And I obviously did not have the keys.

言ってないって。鍵を持ってなければ、持ってるって言うわけないでしょ。明らかに鍵は持ってないんだから!

Phoebe: Okay. Alright. That’s it. Enough with the keys. No one say “Keys”.

よし、分かった。止めて。鍵については十分よ。「鍵」ってもう言わないこと!

Monica: Why would I have the keys?

なんで私が鍵を持ってるって思うのよ?

Phoebe: Oh!

もう!

Rachel: Besides the fact that you said you had them?

だって、持ってるっていったからじゃない?

Monica: But I didn’t.

でも、持って無かったのよ。

Rachel: Well you should have.

持ってるべきだったのよ。

Monica: Why?

なんでよ?

Rachel: Because!

なんでも!

Monica: Why?

なんでよ?

Rachel: Because!

なんでも!

Monica: Why?

なんでよ?

Rachel: Because!

なんでも!

Monica: Because everything’s my responsibility? Isn’t it enough that I’m making Thanksgiving dinner for everyone? You know, everyone wants a different kind of potato, so I’m making different kinds of potatoes. I mean, does anybody care what kind of potatoes I want? No! No! No! You know, just as long as Phoebe gets her peas and onions and Mario gets his Tots. It’s my first Thanksgiving and I, it’s all burnt and I can’t. I, I.....

全部私の責任だから?皆の感謝祭ディナー作るだけでも十分じゃないの?分かる?皆違う種類のポテトが欲しいって、だから私が違う種類のポテト作ってるのよ。でも、誰か私がどんなポテトが欲しいか気にした?してないわよね!分かる?フィービーはグリーンピースと玉ねぎ、マリオはトッツ。これが私の初めての感謝祭で、全部焦がしちゃって、私もう出来ないわ、だって…

Chandler: Okay, Monica, only dogs can hear you now. So…

よし、モニカ。もう犬しかお前の声は聞こえないから…

Joey: Look, the door’s open. Here we go.

おおい、ドアが開いたから。入るぞ。

Monica: Oh God. Oooh. Well, The turkey’s burnt. Potatoes are ruined. Potatoes are ruined. Potatoes are ruined.

あ~もう!あ~、七面鳥は焦げてるし、ポテトはダメ、ポテトはダメ、ポテトはダメ。

Ross: Here we come walking down the…..This doesn’t smell like mom’s.

「今から行くよ。この道を伝って。」母さんの料理みたいな匂いじゃないな。

Monica: No, it doesn’t, does it? But you wanted lumps, Ross. Well, here you go, buddy, You got one.

そりゃ違うわよね?でも、あんた塊が欲しかったのよね。ここにあるわよ、受け取りなさい。

Rachel: Oh, God. This is great! The plan is gone. So I guess I’m stuck here with you guys.

あ~、もう最高!飛行機出ちゃったって。じゃ、私はここであんた達と一緒ね。

Joey: Hey, we all had better plans, okay? This was nobody’s first choice!

おい、皆マシな計画があったんだよ。これは誰の一番の選択じゃないんだよ。

Monica: Oh really? So why was I busting my ass to make this delicious Thanksgiving dinner?

あら、そう?じゃあ、なんで私はこんなに頑張って皆の美味しい感謝祭ディナー作ったのよ。

Joey: You call that delicious?

お前、これが美味しいって言うのか?

Monica: Stop it! Stop it! Stop it!

もう、止めて!止めて!止めて!

Chandler: Now, this feels like Thanksgiving.

やっと、感謝祭っぽくなってきたな。

Phoebe: Eww.

うげ~。

Rachel: What?

何よ?

Phoebe: Ugly Naked Guy’s taking his turkey out of the oven. Oh my God. He’s not alone. Ugly Naked Guy is having thanksgiving dinner with Ugly Naked Gal.

裸醜悪野郎が七面鳥をオーブンから出してる。え~ウソ!あいつ一人じゃないわ。裸醜悪野郎が、裸醜悪ギャルと感謝祭ディナーしてる。

Joey: I gotta see this!

それは見とかなきゃ!

Everyone: Oh.

あ~。

Joey: Alright, Ugly Naked Guy!

良いぞ、裸醜悪野郎!

Monica: Oooh, Ugly Naked dancing.

う~、裸醜悪ダンスよ。

Phoebe: It’s nice that he has someone.

あいつ誰かと一緒でよかったわね。

コンテンツ - ジャンル別-

- 関連コンテンツ -